マンションリノベーション

マンションリノベーションの最適な時期

建物を長持ちさせていくためには適切な時期に工事を行うことが必要です。
10〜12年周期

屋上防水工事

防水層の劣化や排水ドレンの雑草の繁茂などは、放置しておくと漏水の原因となります。10~12年毎に定期的な調査と修繕工事が必要です。
屋上防水工事
10〜12年周期

ルーフバルコニー防水工事

防水層の劣化や排水ドレンの雑草の繁茂などは、放置しておくと漏水の原因となります。10~12年毎に定期的な調査と修繕工事が必要です。
ルーフバルコニー防水工事
8〜12年周期

共用廊下床防水工事

居住者が毎日利用している上に、日光や風雨にさらされる共用廊下は、経年による劣化は避けらません。他の部分よりも劣化の進行が早い箇所ですので8年~12年毎に定期的な調査と修繕工事が必要です。
共用廊下床防水工事
5〜7年周期

シーリング工事

窓のサッシ廻りや建具廻りなどの隙間を埋めるためのシーリング材は、経年と共に硬くなり、隙間ができて雨水の浸入のもとになります。雨水の浸入を防ぐため、定期的なシーリング材の修繕が必要です。
屋上防水工事
2〜3年周期

鉄部塗装工事

屋外にある鉄部の手摺りや扉などは、劣化速度が比較的速い箇所です。既存の錆や塗料の撤去が重要です。
屋上防水工事
8〜12年周期

外壁塗装工事

経年とともに、紫外線や風雨で塗料が劣化し、粉を吹いたり(チョーキング現象)、剥がれたりします。美観のためにも定期的な塗り替えをしましょう。
屋上防水工事
10〜12年周期

タイル改修工事

美観や耐久性の点からも、マンションの外壁材としてタイルがよく使用されております。 タイルの劣化は、剥落・落下事故の原因となるので、定期的な修繕工事や剥落防止工事が必要となります。
屋上防水工事
鉄部塗装:2〜3年 / 屋根改修:10〜15年

自転車置場改修工事

自転車置場の屋根は屋上防水工事と同様に、屋根の塗装が傷んで劣化すると雨漏りの原因になります。塗り替えによる見た目の美しさだけではなく、雨風などの厳しい環境に耐えられる頑強さが求められます。
屋上防水工事
  • ループ
  • ループ
  • ループ
  • ループ
  • ループ
  • ループ
  • ループ
  • ループ
  • ループ
  • ループ
  • ループ
  • ループ
  • ループ
  • ループ
  • ループ
  • ループ

入居率アップが期待できる オススメのリノベーション

空室を少し埋めたい方はこちら
集合ポストの設置
集合ポストの設置
内装リノベーション
内装リノベーション
空室率を大きく改善したい方はこちら
設備のリニューアル・リノベーション
設備のリニューアル・リノベーション
設備のリニューアル・リノベーション
見積無料・相談無料です。
お気軽にご相談ください。入居率アップのお手伝いをしていきます。